ISO9001審査員/監査員プロセス志向コース(2日) 【PA】

組織のビジネスツールとしてリスクや事業継続を意識しQMSを考える。

資格維持(CPD) ☆IRCA推奨CPDコース  ☆JRCA登録CPDコース
講座期間 2日間 / 15時間 (通学)
研修費用  52,000円(税抜) ※昼食費用含む
 ※弊社コース修了生は卒業生割引価格が適用されます。
対象者  ・ビジネスツールとしてISO9001を学びたい方
 ・審査員・内部監査員としての能力開発を求める方
 ・ISO9001を更に充実した活用をされたい方
開催地  通学:東京(LMJ東京研修センター)

 

内部監査の問題点: 全員参加型 双方向研修  (IRCA推奨CPD研修)

L. Marvin Johnsonの格言
 ●品質システムの理念は、不適合の検出ではなく予防である。

 

コース内容.jpg



本コースは、組織のビジネス全体の視点に重点をおき、リスクマネジメントやBCM(事業継続マネジメント)を意識したMS構築の考えを元に、企業にとってのリスクマネジメントの在り方、また、組織の利益やパフォーマンス向上につながるプロセス志向の監査を学習して頂きます。

現状の監査では、不適合の指摘に対して、非常に後ろ向きにとる傾向があります。
このような傾向に対して、まず監査による不適合指摘は、企業活動において前向きな影響を与えるというモノの見方(発想の転換)から意識改革を図る必要があります。

本コースでは、リスクの中の「ポジティブ」と「ネガティブ」の2面性を考え、ポジティブリスクを見抜くための演習を織り込み、予防という組織の利益パフォーマンスに直結する勧告を行えるまさに今求められる審査員(監査員)を養成します。


  ●ISO9001他MS規格を使用された経験のある方を対象としております。
  ●IRCA/JRCA/CEAR登録審査員の為のCPDにも対応しています。<15CPDログシート発行>
  ●参加者からの生の声を公開しております。
  ●講義風景の見学も承っております。ご希望の方は事前にご一報くださいませ。

 

koushi.jpg

 
 小林 元一 (日本代表アソシエイト/主席講師)

 

コース内容.jpg
コース内容の一部は都合で組み替え又は、変更される場合があります。

 
日程  内容
第1日目
9:45 ~ 19:45予定
 ・審査員は何を監査するのか?
 ・監査プログラムの充実
 ・監査の進め方
 ・プロセス志向の監査
 ・リスクを踏まえた監査指摘と対応
 ・ケーススタディ1
 ・ケーススタディ2
第2日目
9:00 ~ 17:45予定
 ・コミュニケーション能力の向上
 ・指摘事項への対応
 ・ケーススタディ(グループワーク・発表)
 ・事例紹介(予防処置事例)
 ・内部監査の充実を目指して
 ・修了試験

 

 

コース日程.jpg

 

開催日程
会場
状況
 現在企業への訪問研修を中心に開催しております。
 社内研修等のお問合せはこちらまで