CPD研修情報一覧

継続的専門能力開発(CPD)コース

 

各機関、また各自の申請方法(証明書でのCPD申請/作文でのCPD申請)
によって認められる時間(事前学習/事後学習等)は異なります。

「IRCAのCPD記入要領」の閲覧はこちら
「JRCAのCPD記入要領」の閲覧はこちら
「CEARのCPD記入要領」の閲覧はこちら

(※)証明書の記述だけでなく、学習内容を作文することでCPD相当となります。
但し、審査員補に関しては、CPD様式の記入の際、修了証の添付にて作文の扱いが変わる場合があります。
CPDの時間数は、過去に認められた実績等によるものですが、承認機関の判断により、作文の内容・程度によっては、当該時間数が認められない場合があります。
(審査員評価登録機関の基準は、変更となる場合がございますので、ご承知おきください。)

★下記分類はあくまでも基本的な目安です。CPDは審査員の能力開発として幅広くお考えください。 

ISO9001(QMS)
  (認定/承認機関 最大時間数)  
※以下CPD関連コースラインナップ IRCA JRCA CEAR
 QMS内部監査員養成講座(応用編) 15h (※14h) (※14h)
 ●QMS改善セミナー 7.5h (※7h) (※7h)
 ●ISO9001規格解説セミナー 7.5h 7.5h (※7.5h)
 ●ISO9001審査員フォローアップセミナー 5h 4h (※4h)
 ●人材マネジメントシステム全容解説セミナー 7.5h 7h (※7h)
 ●ISOフォーラム研究会 5h 4h (※4h)

 

ISO14001(EMS)
  (認定/承認機関 最大時間数)   
※以下CPD関連コースラインナップ IRCA JRCA CEAR
 ●ISO14001規格解説セミナー 7.5h (※6.5h) (※6.5h)
 ●ISO14001審査員フォローアップセミナー 5h (※4h) (※4h)
 ●ISO附属書SL(共通テキスト)関連コース 7.5h (※7h) (※7h)
 ●人材マネジメントシステム全容解説セミナー 7.5h 7h (※7h)
 ●ISOフォーラム研究会 5h (※4h) (※4h)

 

ISO27001(ISMS)
  (認定/承認機関 最大時間数) 
※以下CPD関連コースラインナップ IRCA JRCA/ISMS CEAR
 ●ISO附属書SL(共通テキスト)関連コース 7.5h 7.5h (※7h)
 ●ISMS(ISO27001)規格解説セミナー 7.5h 7h (※7h)
 ●ITSMS/ISO20000規格解説セミナー 7h (※6h) (※6h)
 ●人材ネジメントシステム全容解説セミナー 7.5h (※7h) (※7h)

 

その他、共通で使えるISO研修コース (認定/承認機関 最大時間数)
IRCA JRCA CEAR
 ●ISO附属書SL(共通テキスト)関連コース 7.5h 7.5h (※7.5h)
 ●人材マネジメントシステム全容解説セミナー 7.5h 7h (※7h)

継続的専門能力開発(CPD)コースを詳しく見る