三代 義雄(みしろ よしお)講師

 三代義雄講師
LMJジャパン
アソシエイト/主席講師
 

■英国IRCA登録  Principal Auditor  QMS/EMS
■日本JRCA登録  QMS主任審査員

 
防衛庁からのMIL-Q-9858A被監査業務を経て、企業内にてISO9001認証取得のためのコーディネーターを担当し、全16事業部、及び関連会社の認証取得を支援し現在に至る。
1994年よりLMJ米国本社 L. Marvin Johnson創始者より直接指導を受け、アソシエイト(主席講師/日本人では5人のみ)として認定される。豊富な知識と経験に裏付けられた迫力ある講義には「カリスマ講師」と称され、ファンは多い。現在、弊社のISO9001/14001審査員コース主任講師、ISO9001/14001内部監査員研修、審査員の為の各種CPD研修などを担当。その他、認証機関の審査員・コンサルティング業務などで活躍している。

主な著書:ISOマネジメントシステム強化書

 

【三代講師から受講生の皆様へ】

私は、K社の品質保証部に在籍中にISO 9001:1987のシステム構築の事務局を担当し、その認証取得を達成した。その後、英国の主任審査員の資格を取得し、ISO研究会など社外の人との交流を深め、有益な情報を社内に伝達することに努めてきました。
 その時、ある人の紹介で南澤Drに会い、ジョンソン先生のISO 9001主任審査員コースのお手伝いをすることになりました。その講義内容及び講義手法は、私が以前に別の研修機関で受けたものとは全く別のものであり、素晴らしいものでありました。潜水艦設計者からISOへ大きく進路を変換した時に、ジョンソン先生のご指導を得たことが、私の将来の方向付けを確実なものにしていただいたと感謝しています。

私が素晴らしいと思った主なものは以下のことである。

・監査の物語を書いたケース・スタディーが演習で使用されている。
・テキストが2者監査を中心としてまとめられている。(監査の原点は2者監査にある。)
・テキストには多くの実例が書かれている。(先生が実際の監査で用いた様式が書かれている。)
・テキストには「ジョンソン格言」が数多く記載されている。
・講義は、対話形式であり、時には研修生の机のそばに行って話される。
・質問は講義中いつでも受ける。
・コースの約半分が演習であり、グループ作業が重視されている。
・是正処置要求書に書く不適合は、グルーピングして観察事項としてまとめ、勧告を伝える。

"ジョンソン先生が亡くなられても、ジョンソンメソッドは永遠に生き続ける。"

 これからは、先生の教えを正しく伝えることが我々アソシエイトの役目であると思っています。 

 

マービンジョンソンの教えを皆様へ・・・